Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

 

【次世代法の省令の改正について】 

 

 平成29年3月30日に次世代法の省令が改正・公布されました。

 

 ★省令改正に伴い、くるみん認定の認定申請書(第2号様式)・プラチナくるみん認定の認定申請書(第3号様式)

 が変わりました。なお、認定申請に際しては関係法令遵守報告書も必要となりますので、併せてご提出ください。

 

      ・ くるみん認定の認定申請書(第2号様式)

 

       ・ プラチナくるみん認定の認定申請書(第3号様式)

 

      ・ 関係法令遵守状況報告書 

 

 ★省令改正の主なポイント

 (1)くるみん・プラチナくるみん認定の基準が変わりました。

 

     (1)法定時間外労働時間等の実績に係る基準が新しくなりました。

 

        くるみん認定・プラチナくるみん認定ともに、

          1)フルタイムの労働者等の法定時間外・法定休⽇労働時間の平均が各⽉45時間未満、

          2)⽉平均の法定時間外労働60時間以上の労働者ゼロ
       の2つの基準を満たす必要があります。

 

     (2)男性育休取得率のくるみん認定の基準が、「7%」になりました。

  

     (3)男性の育休取得率にかえて、育児目的休暇取得等(※)でもくるみん認定の基準を満たすことが

      できるようになりました。 

        ※企業が講ずる育児を目的とした休暇制度の取得率15%以上かつ育休取得者1人以上の

        場合も基準を満たすことができることになりました。

 

     (4)プラチナくるみんの公表事項に、労働時間の実績が追加されました。

 

 

     (5)対象企業に労働関係の法令違反がないか、より厳しく確認(※)するようになりました。

        ※くるみん認定・プラチナくるみん認定ともに、「関係法令に違反する重大な事実が

        なされないこと」という認定要件に、「労働基準関係法令の同一条項に複数回違反」

        等が追加され、対象企業の法令違反を、より厳しく確認するようになりました。

 

 (2)くるみんマークが新しくなりました。 

 

     平成29年4月1日から、新しい認定基準を満たした場合、より高い基準を満たした企業として、

    新しいくるみんマークが付与されます。

     新しいマークは上部に最新の認定年を記載し、いつ認定を取得した企業か、一目でわかるよう

    になりました。 

 

新くるみんマーク.png 

 

 

☆ プラチナくるみん認定マークに変更はありません。

  (プラチナくるみん認定を受けると使用できます!マントは12色の選択です!)

44.png

 

 

☆ くるみん認定・プラチナくるみん認定を取得したい場合は・・・☆

   くるみん認定・プラチナくるみん認定の取得要件を記載しているリーフレットこちらをご覧ください!

  

 

☆ プラチナくるみん認定を取得した企業の方へ☆
 
 
 プラチナくるみん認定(特例認定)を受けた企業については、一般事業主行動計画の策定・届出に代えた実施状況公表が義務化されています。

 プラチナくるみん認定を取得した企したは、毎年少なくとも1回、厚生労働省のウェブサイト「両立支援のひろば」に以下の事項を公表いただく必要があります。

(1) 男性の育児休業等取得に関する事項

(2) 女性の育児休業取得に関する事項

(3) 3歳から小学校就学前の子を育てる労働者のための短時間勤務等の措置の内容

(4) 所定外労働の削減や年次有給休暇の取得促進のための取組みなど働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備に関して講じている措置の内容

(5) 女性の継続就業に関する事項

(6) 育児をしつつ活躍する女性を増やすための取組として、女性労働者の能力向上やキャリア形成のための支援などの取組内容、その実施状況

わかものハローワーク公正な採用選考

新部.pngメンタルヘルス対策労働安全衛生法に基づく免許証セクシュアルハラスメントによる労災請求相談HPバナー(妊娠・産休・育休).png

東京労働局標章 〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1                            

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.