時間外・休日労働に関する協定届
(36協定)

○法定の労働時間を超えて労働(法定時間外労働)させる場合、または、法定の休日に労働(法定休日労働)させる場合には、あらかじめ労使で書面による協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出ることが必要です。この協定のことを労働基準法第36条に規定されていることから、通称「36協定」といいます。

 提出部数  2部(1部は事業場分の控)
 提出先   事業場を管轄する監督署

36協定届の記入例(1228KB; PDFファイル) 

 36協定様式のダウンロード
PDF版 Word版

時間外労働・休日労働に関する協定届 労使協定締結と届出の手引(320KB; PDFファイル) 

このページのトップに戻る

新宿わかものハローワーク東京わかものハローワークジョブカード公正な採用選考カエル!ジャパン 仕事と生活の調和メンタルヘルス対策労働安全衛生法に基づく免許証セクシュアルハラスメントによる労災請求相談製造業の請負事業を適正に ガイドライン労働者派遣法改正法案改正障害者雇用促進法高年齢者の雇用促進改正雇用保険法改正次世代法(行動計画届出)

東京労働局標章 〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1                            

Copyright(c)2000-2014 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.