ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 労災保険関係 > 労災保険の社会復帰促進等事業における『アフターケア』の変更について - 東京労働局

労災保険の社会復帰促進等事業における『アフターケア』の変更について - 東京労働局

ア フ タ ー ケ ア 対 象 者 の 皆 様 へ

労 災 保 険 

『 ア フ タ ー ケ ア 』 の 変 更 に つ い て

 

 

 

○ 平成19年7月から、次の取扱いが変更になりました。

  
 (1) アフターケア実施期間の継続を希望する場合には診断書の提出が必要となりました。
  
 せき髄損傷、人工関節・人工骨頭置換、虚血性心疾患等 (ペースメーカ等を植え込んだ方) 、循環器障害 (人工弁又は人工血管に置換した方) 及び頭頸部外傷症候群等に係るアフターケアを除き、アフターケア実施期間の継続を希望し、健康管理手帳の更新申請をする場合には、アフターケアを受けている医療機関の主治医の診断書の提出が必要です。
  
 (2) 「脳の器質性障害に係るアフターケア」が新設されました。
  
 従前の頭頸部外傷症候群等 ( 一酸化炭素中毒症 ( 炭鉱災害によるものを除きます。) 、外傷による脳の器質的損傷、減圧症 ) 、脳血管疾患、有機溶剤中毒等に係るアフターケアを統合し、「脳の器質性障害に係るアフターケア」が新設されました。
  
 平成19年10月から、アフターケア実施期間の継続を希望する場合の健康管理手帳の有効期間が変更になります。
  
 (1) せき髄損傷、人工関節・人工骨頭置換、虚血性心疾患等 (ペースメーカ等を植え込んだ方)、循環器障害 (人工弁又は人工血管に置換した方) に係るアフターケアについては、アフターケア実施期間の継続を希望する場合の健康管理手帳の有効期間が3年から5年に変更となります。
   
 (2) 上記(1)に掲げる傷病及び頭頸部外傷症候群等を除く傷病に係るアフターケアについては、アフターケア実施期間の継続を希望する場合の健康管理手帳の有効期間が2年又は3年から1年に変更となります。
  
 アフターケアの変更内容をご案内するパンフレットが送付されていない方は、至急、健康管理手帳の発行を受けた都道府県労働局にお問い合わせ願います。
 なお、パンフレットが送付された方であっても、現住所と健康管理手帳に記載している住所とが相違している方は、速やかに健康管理手帳の発行を受けた都道府県労働局において、住所変更手続を行ってください。

 

 

東京労働局労働基準部労災補償課

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 労災補償課 TEL : 03-3512-1617

このページのトップに戻る

わかものハローワーク公正な採用選考

新部.pngメンタルヘルス対策労働安全衛生法に基づく免許証セクシュアルハラスメントによる労災請求相談HPバナー(妊娠・産休・育休).png

東京労働局標章 〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1                            

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.