ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 事例・統計情報 > 労働時間・休日・休暇関係 > 仕事と生活の調和 > 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて

  仕事と生活の調和「ワーク・ライフ・バランス」の実現は、国民一人ひとりがやりがいや充実感を

感じながら働き、仕事上の責任果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、

中高年期といった人生の各段階に応じ多様な生き方を選択・実現することであり、そのような

社会を目指すことを目的とするものです。

  平成19年12月に官民トップ会議において、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」、

 「仕事と生活の調和のための行動指針」が策定され、厚生労働省では、ワーク・ライフ・バランスの

実現のために、労働時間等の設定の改善に関する特別措置法に基づいて労働時間等見直しガイ

 ライン(労働時間設定改善指針)」を策定しました。(詳細は、厚生労働省HPをご覧ください。)

 このガイドラインに従って、労働時間、休日数、年次有給休暇の取得の改善をしましょう。

 

● 「働き方・休み方改善コンサルタント」のご案内

  経験豊富な社会保険労務士の中から任命された「働き方・休み方改善コンサルタント」が、

労働時間短縮のノウハウ等ワーク・ライフ・バランスの取り組みに向けた電話相談や企業へ

の個別訪問によるアドバイス、複数の企業が参加する講習会の講師派遣等のサービスを

提供しています。

 くわしくは、働き方・休み方改善コンサルタントのご案内をご覧ください。

 

● 「働き方・休み方改善コンサルタント」を活用した働き方改革の取組状況

  「働き方・休み方改善コンサルタント」の個別訪問を受けて、労働時間日の制度、多様な

 働き方の導入などのアドバイスを行ったり、他社の導入事例の紹介を受けるなど活用して実際

 に働き方改革の取組行っている企業の事例を紹介しております。

 くわしくは、働き方・休み方改善コンサルタントを活用した働き改革の取組状況をご覧ください。 

 

● 「仕事と生活の調和に向けたワークショップ」 について

 ワークショップは、参加者が年次有給休暇の取得促進や所定労働時間の削減のために、

専門の「働き方・休み方改善コンサルタント」とともに討議形式で、問題点や解決策について

取り組むものです。

 今後の開催についてのお問い合わせは、

   東京労働局 雇用環境・均等部 指導課(働き方・休み方担当)

  〒102-8306 東京都千代田区九段南1-2-1 九段第三合同庁舎14階

  電話 03-6867-0211 ファックス 03-3512-1557 

までお願いします。 

 *相談、ワークショップへの参加は無料です。  
 
  
     localnavi_banner_bnr_hatarakikata.png   リンク プラスワン休暇で連続休暇に
 

 

◆ リーフレット・パンフレットのご案内 

 

 

 

この記事に関するお問合せ先

雇用環境・均等部 指導課 (働き方・休み方担当) TEL : 03-6867-0211

わかものハローワーク公正な採用選考

新部.pngメンタルヘルス対策労働安全衛生法に基づく免許証セクシュアルハラスメントによる労災請求相談バナーの画像(yokoyama).gif

東京労働局標章 〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1                            

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.