職 員 採 用 案 内

  このページでは、東京労働局職員採用に関する情報をご案内します。

         

                                   → 労働基準監督官採用試験について   

       

   

  <平成28年度国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)  合格者の皆様へ>   

      南関東ブロック労働局(東京・千葉・神奈川・山梨)の採用に関するご案内

 

  

平成28年度の国家公務員採用一般職試験合格者を対象とした採用面接は

終了いたしました。 たくさんのご応募ありがとうございました。

 

  

  労働局の業務内容


 

 

 


 労働局は、国民のニーズにあった適切な行政サービスを行うため、その性格・目的に合わせ、以下の3行政で構成されています。

 

 職業安定行政(主にハローワーク)

 求職者の相談・職業紹介のほか、失業者への雇用保険の給付、障害者・高齢者等への就職支援、企業への雇用管理の改善及び支援などに関する業務。

 

労働基準行政(主に労働基準監督署)

 労働者の労働条件の確保・向上・労働災害の防止と健康の確保対策、労働災害に被災した労働者に対する労災保険の給付などに関する業務、労働保険の適用徴収業務。
  
雇用均等行政(主に雇用環境・均等部(室))
 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保、育児・介護休暇制度の定着促進、仕事と家庭の両立支援などに関する業務。

 


 

  採用はブロックごと



 都道府県労働局は、全国を10ブロックに区分して各ブロックごとに職員を採用しており、南関東ブロックは千葉・東京・神奈川・山梨のいずれかの労働局、労働基準監督署、ハローワークに配属されます。

 


 

  転勤について



 

 広域的な業務経験の蓄積や、広範囲な業務分野を経験することによって、労働行政を総合的にとらえることのできる職員を育成するために、労働局間の転勤を行います。具体的には、採用後は原則として、本人が定着を希望する労働局(以下、「定着局」という。)に、おおむね2年間勤務し、その後ブロック内の定着局以外の労働局を2局4年間勤務し、7年目以降定着局に戻ることとなります。

 また、採用後、おおむね7年目から幹部(次長等)に昇任するまでは、定着局において勤務することとなります。

 なお、幹部に昇任する際には、原則として、2年程度(1ポスト)他の労働局において勤務した後、定着局に戻る形態の転勤を行います。※定着局は原則、入省後は変更できません。

 

【ブロック内労働局の異動イメージ(東京労働局を定着局とした場合)】  

 東京労働局

(定着局) 

 千葉労働局

神奈川労働局 

東京労働局

(定着局) 

東京労働局

以外の局 

東京労働局

(定着局) 

 採用          概ね3年目      概ね5年目            7年目以降     幹部昇任時 

 


【採用後の配置モデルケース】 ※あくまでも、モデルケースのため、必ずしもこのとおりに配置されるとは限りません。

業務(ポスト) 配置順序目安 配置年数目安
雇用保険業務(適用・給付) 1 2年
管理業務 1 2年
労働保険適用徴収業務 2 2年
職業相談業務(職業相談・求人受理) 3 2年
雇用均等業務 3 2年


  

 


  

   Q & A



採用予定者数は?
 南関東ブロックにおいては、一般職試験(高卒者試験)から45名程度採用を予定しています。  
 
初任給はどのくらい?
 平成28年4月1日付け一般職試験(高卒者試験)採用の場合、基本給146,100円、地域手当(23区内勤務の場合は20%)の他、支給要件に応じて、通勤手当(最高限度月額55,000円、6ヶ月単位で支給)、住居手当(最高限度額27,000円)、扶養手当(配偶者13,000円、配偶者以外は1人当り6,500円)等各種の手当が支給されます。また、賞与(ボーナス)は年2回支給されます。
 
勤務時間・休日は?
 勤務時間は1日7時間45分、原則として午前8時30分から午後5時15分までで、休憩は正午から午後1時までです。
 土曜日・日曜日と祝日が休みの完全週休二日制です。ただし、ハローワークでは、職業紹介、職業相談窓口のサービス提供時間を平日は午後7時まで、土曜日は午前10時から午後5時まで業務を行う日があり、職員は交替制により勤務しています。
 
採用後の研修は?

  採用後、南関東ブロックの新規採用者全員を対象に、公務員としての心構えをはじめ、業務全般について学習する新規採用職員研修が行われます。
  また、採用1年目及び5年目に中央研修【埼玉県朝霞市の労働大学校(全室個室、冷暖房完備)にて約2週間の基礎研修並びに上級研修】が行われます。
  その他として、新たな職務に就く際には、その職務の研修を各局独自で、また昇進するに際して、その職務に対応した中央研修が行われます。

 

仕事のやりがいは?
 労働基準行政・職業安定行政・雇用均等行政ともに、デスクワークだけではなく、窓口や電話でお客様と接する機会が数多くあります。悩みを抱えた方、相談に来られた方など様々なお客様がいらっしゃいます。お客様との距離が近い分、仕事の成果が身近に感じられ、自分自身の成長を実感することのできる、とてもやりがいのある仕事です。
 労働局は、公務員の「堅い職場と職員」というイメージとは異なり、雰囲気の良い、働きやすい職場です。
 このような職場で皆様も一緒に働いてみませんか。

 

 

 

   南関東ブロック労働局の採用に関する問合せ


 
 東京労働局 総務部 総務課 人事第1・2係
    〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1 九段第3合同庁舎14階
    TEL 03(3512)1600

 千葉労働局 総務部 総務課 人事係
    〒260-8612 千葉県千葉市中央区中央4-11-1 千葉第2地方合同庁舎
    TEL 043(221)4311
    ホームページ http://chiba-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/
 
 神奈川労働局 総務部 総務課 人事係
   〒231-8434 神奈川県横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎
   TEL 045(211)7350
   ホームページ http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/
 
 山梨労働局 総務部 総務課 人事係
   〒400-8577 山梨県甲府市丸の内1-1-11
   TEL 055(225)2850
   ホームページ http://yamanashi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/

  

わかものハローワーク公正な採用選考

新部.pngメンタルヘルス対策労働安全衛生法に基づく免許証セクシュアルハラスメントによる労災請求相談バナーの画像(yokoyama).gif

東京労働局標章 〒102-8305 東京都千代田区九段南1-2-1                            

Copyright(c)2000-2017 Tokyo Labor Bureau.All rights reserved.